5歳差兄弟とゆる母ちゃんの暮らしと子育てブログ

6歳と0歳の5歳差男の子との暮らしの日々を綴っていきます

【ネントレ1日目】月齢4,5か月児の添い乳だけでは解決しない夜泣き対策

夜中に泣いても、授乳をすればすぐに泣きやみコテっと寝ていた次男

夜中の授乳は多い時で2回程度でした。

 

それが、生後4か月後半になった今

授乳しても泣きやまない、夜中に2、3度泣く。

授乳で泣き止まない為

ウトウトしながらリビングでゆらゆら抱っこをしながら寝かしつける

 

こんな日が3日程続いたため、私は夜泣き対策に出ました。

 f:id:funtoumama:20170714100230j:image 

これは、長男の夜泣きに悩んでいた頃にママ友に勧められて買った本です。

5年ぶりで、すっかり内容を忘れてしまったので改めて読み出しました。

目次を読んでパラパラめくりながら、早速一日のスケジュールを見直してみました。

 

これまでは、昼間よく寝る時は家事がはかどるため思う存分寝かせていましたが

まずは、ここから見直しを始めました。

 

本書によると、もうじき5ヶ月の次男の月齢では

朝寝(9時頃から) 1時間

昼寝(12時頃から) 2時間半

夕寝(5時までに) 徐々に無くす

 出典:赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド(アマゾンの書籍ページへとびます)

 

とのこと。

 

ネントレ1日目のスケジュール

起床時間は7時までが良いとあったのですが

昨夜の授乳が明け方5時頃で、この日の起床時間は7時半にずれ込んでしまいました。

 

  7:30  起床 
  8:30  お散歩(長男を保育園へ送る 往復約30分)
  9:30  授乳
      話しかけながら、洗濯物を畳んだり、簡単な家事
      その間、音楽をかけて明るくにぎやかにする
 11:00    授乳
 11:30~12:30 朝寝
      ここで話しかけながら起こす。
      何度か寝そうになるが、体をさすったり声をかけて起こす。
 13:00  授乳
 13:30  絵本の読み聞かせ など
 14:00  昼寝
 14:30  ぐずりで起きる 授乳
 15:00  再昼寝
 15:30  ぐずり
 16:30  お散歩(長男の保育園の迎え 往復約30分)
 17:30  授乳
 18:00  夕寝
 18:30  目を覚ます ハイローチェアに座らせ話しかけながら夕飯準備
 20:00  風呂 部屋を薄暗くしておく
 21:00  授乳 就寝
   2:00  夜泣き 授乳

 

ざっくりとこんな1日でした。

この日は昼間はあまりまとめて寝ずに、結局夕寝も合わせて1時間半

昼寝時間が短かったようですが夕方は、あやせば機嫌が良かったので

比較的スムーズにいっている方かもしれません。

夜は一回の授乳で済みました。 

 

2日目の目標

・7:00起床

・20:00就寝

長男に合わせた生活になってしまい、就寝時間が遅めなので少しづつ早めたいです。

 

ポイント

「朝昼は明るくにぎやかに・夜は暗く静かに」

出典:赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド(アマゾンの書籍ページへとびます)

 

昼夜の区別をしっかりつけてあげて、赤ちゃんの体内時計を正常にしてあげることが

重要なようです。

夜泣きの原因の一つに、昼夜逆転して、混乱していることがあるようです。

 

息子は4ヶ月後半ですが、本書では生後0ヶ月から4、5歳までの子供にお勧めの

安眠スケジュールが月齢別に記載されています。

私は3章まで読み進めてネントレを開始したのですが

1章、2章、3章までは

夜泣きの原因から眠り改善のための方法、赤ちゃんの安眠スケジュールについて

分かりやすく読みやすく書かれていて、入りやすい本だと思います。

3章後半には、上の子がいる場合のスケジュールに関するアドバイスもあります。

月齢問わず夜泣きでお悩みの方は、一読の価値ありだと思います。

引き続き、ネントレの様子はブログでアップしていこうと思います。