5歳差兄弟とゆる母ちゃんの暮らしと子育てブログ

6歳と0歳の5歳差男の子との暮らしの日々を綴っていきます

産後の抜け毛と徹底的に向き合ってみた

第一子の産後

恐怖の抜け毛を体験し

「これはもう 毛量は元に戻らないのでは無いだろうか」

と本気で悩みましたが

産後2年目位には抜ける量も減って、気づけば元どおりになりました。

 

そして第二子出産後、再来です。

 

第一子の頃は、どんどん進行する抜け毛によって

鏡に映った自分が落ち武者に見えました。

女性としては、かなりショックでした。

 

それでも、初めての育児で余裕も無く

身なりに目を向ける余裕も無く

泣く泣く落ち武者の自分を受け入れました。

 

今回は第二子。第一子の頃の育児の記憶を元に

ある程度は子育てに余裕が出ました。

帽子で隠すスタイルが基本です。

帽子を脱がないとならない場合もあるので

前髪はポンパドールで少し盛ってごまかすようにしています。

 

しかし、外見は隠せても、抜ける毛の量は減りません。

 

抜けた毛は、部屋のそこらじゅうに落ちています。

私が西遊記の悟空だったら、毛が分身になってお掃除を助けてくれたかな

そんな妄想をしながらせっせと掃除しました。

 

そして、何気なく手ぐしを通すと

そろそろ抜け毛を直視する事に抵抗が出てきました。

気にしてはいけない、余計にハゲてしまう。

抜けた毛の掃除は、想像以上に大変です。

抜け毛の苦痛を少しでも減らしたい一心です。

 

ふと、自分の抜け毛を見ていて思いました。

フェルトにでもなれば、抜けた毛も私の悲しみも浮かばれますね。

 

いっそ

こんなにあったら、リサイクルでもできるんじゃないか

そんな風にまで考えるようになってしまいました。

 

出来ないですよね。諦めます。

 

諦めて風呂上がりにブラッシングしていました。

なんだか、諦めたら変なスイッチが入りました。

なんだか、変な方に加速しだしました。

 

涙を拭って、髪の毛に良い健康的な食生活を心掛けます。